株式会社 澤光青果
旬の青果物
新鮮な青果を、より安く!
“さわみつ”だけの3つのヒミツ
The Secrets of Sawamitsu
詳しくご覧になる方はこちら
あなたの街の澤光青果
詳しくご覧になる方はこちら
澤光青果関連リンク集
詳しくご覧になる方はこちら
さわみつキッチン
詳しくご覧になる方はこちら
さわみつStaff BLOG
詳しくご覧になる方はこちら
SAWAMITSU 公式Facebook
澤光青果最新情報
7月の旬の青果物  
とうもろこし
「とうもろこし」
とうもろこしは6月〜9月中旬、夏から初秋にかけて収穫されます。生のものは、収穫された時点からどんどん糖分がでんぷん質に変化し甘みが薄れてしまうのであまり日持ちしないので、収穫の時期がそのまま食べ頃の旬となります。なので、とうもろこしの旬は初夏から夏となります。
オクラ
「オクラ」
オクラは一般的にはまだ新しい野菜で、一般市場に流通するようになったのは昭和50年代の事です。日本に入ってきたのは明治時代の様ですが、沖縄や鹿児島など暖かい地方で作られて地元で消費される程度だったようです。寒さに弱い植物で、日本では一年草となっていますが、暑い熱帯気候のもとでは多年草となります。
桃
「桃」
桃は詩の世界では秋の季語となっていますが、美味しい食べ頃の旬は夏から初夏の時期で、お盆の時には必ずと言っていいくらいお供え物に入っているのではないでしょうか。シーズンは極早生品種の「はなよめ」や「ちよひめ」で始まり、それに続いて「白鳳系」、途中からは白桃系が中心となります。味的には、白鳳系は甘みが強く肉質がやわらかめで多汁であるのに対し、白桃系は果肉の色が白く、肉質がやや硬めで締まっており日持ちが良いという傾向があります。
メロン
「メロン」
メロン全般で見ると主な産地は茨城、北海道、熊本などがあり、この上位3つの地方で全国の半分以上を生産しています。温室メロンは通年栽培出荷されているので、特に旬はありませんが、露地物は暖かい地方で4月頃から収穫が始まり夏の間まで出回ります。品種や地方にもよりますが、最も多く出回り美味しい旬は5月から7月となります。

[2016.07.02] 「あなたの街の澤光青果」を更新しました。
[2016.07.02] 「採用情報」を更新しました。
[2017.06.17] 「旬の青果物」を更新しました。
[2016.06.30] 多彩な料理レシピを紹介する「さわみつキッチン」を更新しました。
Copyright(C)2007 Sawamitsu Seika Co,Ltd. All Rights Reserved.