株式会社 澤光青果
旬の青果物
新鮮な青果を、より安く!
“さわみつ”だけの3つのヒミツ
The Secrets of Sawamitsu
詳しくご覧になる方はこちら
あなたの街の澤光青果
詳しくご覧になる方はこちら
澤光青果関連リンク集
詳しくご覧になる方はこちら
さわみつキッチン
詳しくご覧になる方はこちら
さわみつStaff BLOG
詳しくご覧になる方はこちら
SAWAMITSU 公式Facebook
澤光青果最新情報
4月の旬の青果物  
ホワイトアスパラ
「ホワイトアスパラ」
グリーンアスパラとホワイトアスパラは品種の違いではなく、栽培方法が違うだけです。 よく見かけるグリーンアスパラガスは芽が出るままにし、日光に当てるので葉緑素が沢山作られ色がつきます。 一方、ホワイトアスパラガスは芽が出る春先に土を盛り、芽に日に当てずに伸ばし、いわゆる軟白栽培をしたものです。 味的には、グリーンの方はやや青臭みがありますが、その分栄養価は高く、カロテンなども多く含まれています。ホワイトアスパラガスはというと、軟白栽培というだけに、食感が柔らかく、ほんのりと甘みがあって、青臭さがありません。その分逆に栄養面ではグリーンのものより劣ります。 でも、栽培に手間がかかる上、傷みやすいので流通量が少なく高いです。
新たまねぎ
「新たまねぎ」
一般的な玉ねぎは、収穫後干され、表皮を乾燥させ保存性を高めて出荷されます。これに使われるのは黄タマネギの品種です。一方、新タマネギと呼ばれるものがあります。こちらは、主に白タマネギの品種で、この品種は水分が多く、乾燥処理に向いていないので、収穫後すぐに出荷されます。また、黄タマネギを乾燥処理せずに収穫後すぐに出荷されたものも新タマネギと呼ばれたりします。また、玉ねぎの鱗茎部分だけでなく、春先に葉月のまま出荷される若い玉ねぎも「葉玉ねぎ」または「新玉ねぎ」と呼ばれています。
温州みかん
「温州みかん」
長崎県にある農林水産省果樹試験場において、1972年に清見と中野3号ポンカンの交配種として誕生したタンゴールです。温州みかんとオレンジの本来の品種名は生産を始めた地域にちなんで「不知火(しらぬひ」)」と呼ばれ、「デコポン」は登録商標となっています。
甘夏
「甘夏」
甘夏ミカンにはいくつかの種類があるようですが、そのほとんどはカワノナツダイダイ(川野夏橙)だと言われています。カワノナツダイダイとは、古くからある夏ミカンの中から発生した変異種で、甘味系夏ミカンと呼ばれるものです。普通の夏ミカンよりも早く色付き、酸が早く抜けるのが特徴のためこう呼ばれるようになったようです。

[2016.012.09] 「あなたの街の澤光青果」を更新しました。
[2016.07.02] 「採用情報」を更新しました。
[2016.12.02] 「旬の青果物」を更新しました。
[2016.06.30] 多彩な料理レシピを紹介する「さわみつキッチン」を更新しました。
Copyright(C)2007 Sawamitsu Seika Co,Ltd. All Rights Reserved.